具体例あり!事業再構築補助金について解説します!

目次

事業再構築補助金とは?

企業の思い切った事業再構築を支援するための補助金です。新市場進出、事業・業種転換、事業再編、国内回帰又はこれらの取組を通じた規模の拡大等、思い切った事業再構築に意欲を有する、中小企業等の挑戦を支援します。

活用例

弁当販売
➡オフィス勤務の方向けの弁当販売を行う事業者が、高齢者向けの食事宅配事業を開始。

衣服販売業
➡衣料品の店舗販売のみ行っていた事業者が、ネット販売を開始し、全国に商品販売。

半導体製造装置部品製造
➡半導体製造装置の技術を応用した洋上風力設備の部品製造を新たに開始。

枠組みは全部で7つ

  • 成長枠
  • グリーン成長枠
  • 卒業促進枠
  • 大規模賃金引上促進枠
  • 産業構造転換枠
  • 物価高騰対策・回復再生応援枠
  • 最低賃金枠

共通要件

  • 事業計画について認定経営革新支援期間の確認を受ける
  • 付加価値額を向上させること

参考文献

経済産業省 事業再構築補助金

どうしても時間がない…。書類がわからない…。そんなときは?

補助金申請を全て自分で取得するには以下のハードルを超える必要があります。

どの補助金を申請するか決める
手引きを読む
要件に当てはまるか確認する
必要書類を準備する
申請する
採択される
事業の実施
補助金の申請・受け取り

本業が忙しく書類作成までなかなか手が回らないこともあるかと思いますが、要件を見落としたまま申請した場合は最悪の場合、補助金の取消しにより廃業の危機等の取り返しのつかないことになります。

要件を見落とす原因は、数百ページに及ぶ手引き、複雑なルール、膨大な量の必要書類が含まれているためです。

行政書士に依頼した場合は、聞かれたことに答え、言われた書類を集めるだけですのでハードルは大きく下がります。
正しく書類提出をできるように行政書士に依頼することも検討しましょう。

補助金に関してお困りの方からのご相談をお待ちしております。
ご連絡はこちらのホームページから承ります。→行政書士横尾政紀事務所

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

令和5年度行政書士試験を1発合格。合格率10%と数回の受験が必要と言われるなか猛勉強で合格。故郷に貢献すべく地元の那須烏山市で行政書士横尾政紀事務所を開業。周りからは真面目で実直な性格だと言われ続けている。

目次