エアコン設置工事業者になるために必要な許可や登録について解説!

「エアコン設置工事業を始めたいんだけど、どんな許可が必要ですか?」「エアコン回収に許可が必要って聞いたんだけど?」の疑問に答えます。

目次

電気工事業登録について

エアコン設置に必要な許認可について解説していきます。
まず電気工事業登録について、一般家庭のエアコンを設置する工事に必要です。

例えば、お客さんの家でエアコンを設置する工事などです。

エアコンの回収について

次にエアコンの回収に必要な許可についてです。
例えば、エアコンの設置後にもともと取り付けられたエアコンを引き取るときです。

一般家庭のエアコン一般廃棄物収集運搬許可
事業者のエアコン産業廃棄物収集運搬許可

これらの許可が必要ですが注意があります。

一般廃棄物収集運搬許可について

一般廃棄物収集運搬許可は現在、新規許可はほとんど取れません。
理由は、法律に、市町村が一般廃棄物の処理が困難でなければ新規許可を与えてはならないとされているからです。
ではエアコンの回収はできないのでしょうか?

産業廃棄物収集運搬許可について

エアコンの回収の特例について

家電量販店の下請の場合、産業廃棄物収集運搬許可でエアコン回収ができます。
例えば、家電量販店でお客さんがエアコンを購入したときに一緒に設置の依頼をした場合に家電量販店が設置業者に委託したときなどです。
家電量販店が以下の条件を満たした場合、特例として下請業者は産業廃棄物収集運搬許可でエアコンの運搬ができます。

廃棄物処理法の特例

  • 新しい製品を販売する際に同種の製品で使用済みの製品を引き取ること。
  • 無償で引き取ること。
  • 当該下取り行為が商慣習として行われていること。

古物商許可について

他の手段として古物商許可があります。
例えば、エアコンを下取りして引き取る場合は、古物商許可で運搬できます。

有価物と廃棄物の違いとは?

有価物か廃棄物かの違いは総合的に勘案するとされていますが一般的な基準として運搬費用より利益が上回ることが目安とされています。
例えば、ガソリン代1000円でエアコンの販売価格が500円だったらダメということです。

小売業者になる

自らが小売業者になる場合、エアコンを販売したときは古いエアコンを運搬するときに一般廃棄物収集運搬許可、産業廃棄物収集運搬許可は必要ありません。
ただし小売業者として引き取った場合には過去に販売したエアコンの引取を求められたときの引取義務などの所定の義務を果たす必要があります。

建設業許可について

事業を大きくするには大きな案件が必要です。
しかし、500万円以上の工事を受注するには建設業許可が必要です。
建設業許可を取得すれば500万円以上の工事をすることができるようになります。
例えば、エアコン設置には管工事と電気工事の許可が必要です。

第一種フロン類充填回収業者について

その他大きな案件で必要な許可として第一種フロン類充填回収があります。
事業者が有するような大型業務用エアコンを扱うことができます。

どうしても時間がない…。書類がわからない…。そんなときは?

許認可を全て自分で取得するには以下のハードルを超える必要があります。

行政の用意した手引きを読む
要件を満たす
必要書類を準備する
申請する

これらは古めかしい読みづらい手引き、複雑なルール、膨大な量の必要書類が含まれています。
しかも役所によってルールや要件が異なることが多いです。

本業が忙しく書類作成までなかなか手が回らないこともあるかと思いますが、要件を満たさなければ最悪の場合、許可の取消しや廃業の危機等の取り返しのつかないことになります。

行政書士に依頼した場合は、聞かれたことに答え、言われた書類を集めるだけですのでハードルは大きく下がります。
正しく書類提出をできるように行政書士に依頼することも検討しましょう。

産廃に関してお困りの方からのご相談をお待ちしております。
ご連絡はこちらのホームページから承ります。→行政書士横尾政紀事務所

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

令和5年度行政書士試験を1発合格。合格率10%と数回の受験が必要と言われるなか猛勉強で合格。故郷に貢献すべく地元の那須烏山市で行政書士横尾政紀事務所を開業。周りからは真面目で実直な性格だと言われ続けている。

目次