経営事項審査の技術者と技能者の違いとは?

建設現場

技術者と技能者について解説します。

最初に共通点ですが審査基準日以前に6ヶ月超の雇用関係があること、審査基準日に在籍していることです。
6ヶ月超とは6ヶ月と1日ですので注意です。3月末決算なら10月1日に入社した人は該当しないということです。

技術者と技能者の共通点

①審査基準日以前に6ヶ月超の雇用関係がある。
②審査基準日に在籍していること。

次に技術者特有の部分についてです。
許可の専任技術者になれる資格や経験を有するもの。又は建設キャリアアップのレベル3又は4の方です。
専任技術者の要件について簡単に説明しますと10年以上の実務経験や所定の学科を卒業したあとに3年又は5年の実務経験を積むことです。

技術者の特徴

①許可の専任技術者になれる資格や経験を有する。
②建設キャリアアップのレベル3又は4

次に技能者の特徴についてです。
技能者の特徴は少しでも現場作業をしていれば技能者になれるということです。
また技能者リストの目的は建設キャリアアップシステムのレベルアップした人数を把握するためのものです。
技術者であっても現場作業をしていれば技能者に載りますし、逆に施工管理しかしていない場合は技能者には載りません。

技能者の特徴

①少しでも現場作業をしている。
②建設キャリアアップシステムのレベルアップをした人数の把握

いかかでしたか?
ご不明な点やご質問がございましたら、お近くの行政書士までお気軽にお問い合わせください。

目次

どうしても時間がない…。書類がわからない…。そんなときは?

許認可を全て自分で取得するには以下のハードルを超える必要があります。

行政の用意した手引きを読む
要件を満たす
必要書類を準備する
申請する

これらは古めかしい読みづらい手引き、複雑なルール、膨大な量の必要書類が含まれています。
しかも役所によってルールや要件が異なることが多いです。

本業が忙しく書類作成までなかなか手が回らないこともあるかと思いますが、要件を満たさなければ最悪の場合、許可の取消しや廃業の危機等の取り返しのつかないことになります。

行政書士に依頼した場合は、聞かれたことに答え、言われた書類を集めるだけですのでハードルは大きく下がります。
正しく書類提出をできるように行政書士に依頼することも検討しましょう。

建設業許可に関してお困りの方からのご相談をお待ちしております。
ご連絡はこちらのホームページから承ります。→行政書士横尾政紀事務所

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

令和5年度行政書士試験を1発合格。合格率10%と数回の受験が必要と言われるなか猛勉強で合格。故郷に貢献すべく地元の那須烏山市で行政書士横尾政紀事務所を開業。周りからは真面目で実直な性格だと言われ続けている。

目次